コーヒー

【フレンチプレス】おすすめコーヒープレス7選【口コミ・評判・まとめ】

ふえるのびる
ふえるのびる
こんにちわ。ふえるのびる@fuerunobiruです。

在宅勤務期間が長くなるほど、家にいる時間は有意義に過ごしたくありませんか?

今回は、Amazon評価4以上のおすすめコーヒープレスを紹介します!

誰もが知っているAmazonで高評価を受けている商品です!

今回は、その中でもフレンチプレスのおすすめコーヒープレスを紹介します!

おすすめコーヒープレスを使って在宅勤務期間を有意義に過ごしましょう!

  1. 在宅期間が増えた
  2. コスパの良いおすすめコーヒープレスが欲しい
  3. おすすめコーヒープレスを使って本格的なコーヒーが飲みたい

コスパの良いのおすすめコーヒープレスをお探しの方は是非参考にしてください!

こんな人におすすめの記事です

・コスパの良いおすすめコーヒープレスを探している

・Amazonで買い物して失敗したことがある

・結局Amazonで買い物をしちゃう

一つでもあてはまった方は是非ご覧ください。

【電動】おすすめコーヒーグラインダー7選【口コミ・評判・まとめ】在宅勤務中にリフレッシュするためにおすすめの本格的なコーヒーグラインダーを知りたいですか? 今回は安く手に入れられるコーヒーグラインダーを紹介します! 購入前に一度ご覧ください!...

おすすめコーヒープレスを買うならAmazonプライムがおすすめ

 

ダウンロード

引用元:公式ページ

おすすめコーヒープレスをお得にamazonで購入するためには、Amazon prime menber(プライム会員)になることがおすすめです。

しかもAmazonでは年に大きなセールが2回あり、さらに頻繁にタイムセールも開催しています。

それらに、簡単に参加するためにもAmazon prime menber(プライム会員)」になることを強くお勧めします。

Amazonプライム会員提供サービス一覧

・ 送料無料(通常は2,000円以上の買物で送料無料)

・ Amazon Music で音楽聴き放題※約200万曲

・ プライムビデオで動画見放題※約14,000本

・ Prime Readingで本読み放題※和書12万冊、洋書120万冊以上

・ 他にもたくさんのサービスあり

Amazonプライム無料会員登録はこちら

 

コーヒープレスとは

コーヒーの美味しさを簡単に引き出すことが出来る抽出器具

どれも操作は簡単なので、初心者の方でも美味しいコーヒーを淹れることができます。

コーヒーの抽出方法には大きく2種類。『浸漬法(しんしほう)』と『透過法(とうかほう)』があります。

『浸漬法』コーヒーの挽き豆をお湯に浸し漬けて抽出する方法。

『透過法』お湯を注ぎ通して抽出する方法。

フレンチプレス
お湯を入れたら一定時間放置
エアロプレス
空気圧を使って手早くコーヒーを抽出できる
アメリカンプレス
挽き豆がお湯の中で踊らないこと。プランジャーと一体になったケースに、挽き豆を閉じ込めた状態で浸漬抽出する

 

おすすめコーヒープレス(フレンチプレス)7選

コーヒープレス_BODUM ボダム BRAZIL ブラジル フレンチプレス 10948-294J

Amazon参考価格:1,925円

「良いデザインは高価であってはならない」というデザインポリシーを象徴している、無駄な装飾を省いたシンプルなデザインのコーヒープレス。お湯の量と豆の量さえ合わせれば、誰でも簡単にプロの抽出を再現。コーヒー本来の味を余すことなく楽しめます。ステンレス製のメッシュフィルターは、コーヒー豆の旨みや香り、豆の油分(コーヒーオイル)を抽出。お湯の量と豆の量さえ合わせれば、家庭でプロの抽出を再現。ペーパーフィルターやコーヒーカプセルは必要ないので環境にも優しい。豆の中でも最高品質を誇り、香り、風味が際立ったスペシャルティコーヒーという「本当においしいコーヒー」を味わうのに最も適した抽出方法。
1 粗挽きに挽いた豆をフレンチプレスの中に入れます。豆の分量は、カップ1杯(120cc)に対して7gが目安。
2 その上から新鮮なお水で沸かしたお湯(90℃~96℃)を注ぎます。
3 マドラーなどで軽く混ぜフタをのせ、4分ゆっくりと抽出します。
4 4分後、プランジャーを押し下げて出来上がり。コーヒ豆の風味をすべて封じ込めた味わい深いコーヒーが出来上がります。

Amazon.co.jpが販売、発送する商品は日本正規販売品です。日本正規販売品であるという証に、日本語の取扱説明書が同梱されています。
サイズ:D80 x W115 x H161mm
重量:255g
容量:350ml
素材:本体=耐熱ガラス / フレーム、リッド、コーヒー豆計量スプーン=ポリプロピレン / フィルター=ステンレススチール

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・添付の取扱説明書に「お湯を入れて4分経ったらかき混ぜて」と書かれていたので
その通りにしてみたら大変まずかったので上記の題名になりました。
昨日、コーヒープレスで美味しく淹れる方法を知り、その方法で淹れてみたら
超簡単で美味しかったです!
コツは、絶対にかき混ぜないこと!!
粉が中で踊らないように2段階に分けて優しく注ぎ、3~4分待ってやさしくプッシュすることで酸味のある豆もそれは美味しく仕上がりますよ♪
ちなみにプレス用は中挽きくらいがちょうどよいかと思います。
細かいと粉が網を通ってしまいますし、苦みが出やすいです。

Amazon参考価格:1,925円


コーヒープレス_BODUM ボダム KENYA ケニヤ フレンチプレス 10683-01J

Amazon参考価格:2,687円

シンプルモダンなデザインが、根強い人気のコーヒープレス。お湯の量と豆の量さえ合わせれば、家庭でプロの抽出を再現。分量をはかり、お湯を注ぎ、4分間抽出したら出来上がり。ペーパーフィルターやコーヒーカプセルは必要ありません。コーヒー豆そのものの特徴を最大限に引き出し、豆本来の味を味わうことができるのです。ステンレス製のメッシュフィルターは、コーヒー豆の旨みや香り、豆の油分(コーヒーオイル)を抽出。豆の中でも最高品質を誇り、香り、風味が際立った「本当においしいコーヒー」を味わうのに最も適した抽出方法なのです。ステンレス製のメッシュフィルターは、コーヒー豆の旨みや香り、豆の油分(コーヒーオイル)を抽出。お湯の量と豆の量さえ合わせれば、家庭でプロの抽出を再現。ペーパーフィルターやコーヒーカプセルは必要ないので環境にも優しい。豆の中でも最高品質を誇り、香り、風味が際立ったスペシャルティコーヒーという「本当においしいコーヒー」を味わうのに最も適した抽出方法。
1 粗挽きに挽いた豆をフレンチプレスの中に入れます。豆の分量は、カップ1杯(120cc)に対して7gが目安。
2 その上から新鮮なお水で沸かしたお湯(90℃~96℃)を注ぎます。
3 マドラーなどで軽く混ぜフタをのせ、4分ゆっくりと抽出します。
4 4分後、プランジャーを押し下げて出来上がり。コーヒ豆の風味をすべて封じ込めた味わい深いコーヒーが出来上がります。

Amazon.co.jpが販売、発送する商品は日本正規販売品です。日本正規販売品であるという証に、日本語の取扱説明書が同梱されています。
サイズ:D110 x W145 x H150mm
重量:358g
容量:500ml
素材:本体=耐熱ガラス / フレーム、リッド、コーヒー豆計量スプーン=ポリプロピレン / フィルター=ステンレススチール
付属品:コーヒー豆計量スプーン
生産国:ポルトガル
食器洗い乾燥機使用可能

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・容量の小さなフレンチプレスは持っていますが、一度に多く作りたくなって購入しました。
良い点は、洗うのが楽な点、底部が熱くならない点です。
残念な点は、カップに目盛りが無いことです。

Amazon参考価格:2,687円


コーヒープレス_BODUM ボダム CHAMBORD シャンボール フレンチプレス  1923-16J

Amazon参考価格:2,864円

耐熱ガラスと金属フレームのコンビネーションは、まさにフレンチプレスの原型ともいえるデザイン。
黒いハンドルは握りやすさだけはなく、クラシックで上品な印象を与えています。
CHAMBORDは、1950年代にフランス・パリで広まった、当時のフレンチプレスコーヒーメーカーそのままをイメージ。
リッドとフレームは、長年使ってもその輝きを失わないよう念密に洗練された製造プロセスを経てひとつひとつ大切に製造。
環境に配慮し、効率的で機能的なデザイン、クオリティーを追求しているからこそ、世界中の多くの人々に愛され続けているのです。

フレンチプレスは、最もコーヒー豆の成分を抽出するのに適した92℃~96℃のお湯の温度を目安に、ゆっくりと豆の膨らみを確かめるようにお湯を注ぐことで、コーヒー豆の旨みや香り、おいしさに必要な豆の油分(コーヒーオイル)を余すことなく抽出します。
コーヒー豆本来の味が最大限に引き出された豊かな味わいのコーヒーをお楽しみください。

Amazon.co.jpが販売、発送する商品は日本正規販売品です。日本正規販売品であるという証に、日本語の取扱説明書が同梱されています。
サイズ:D80 x W111 x H168mm
重量:355g
容量:350ml
素材:本体=耐熱ガラス / 本体枠、蓋、フィルター=ステンレススチール / 蓋裏=ポリアセタール / コーヒー豆計量スプーン=ポリプロピレン
生産国:ポルトガル
付属品:コーヒー豆計量スプーン
食器洗い乾燥機使用可能

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・半年使用後のレビューです。フレンチプレス器具の中で、金属部品が多く長く使えそうだと思い購入しました。
今のところフィルターが歪むこともなく、毎日二杯程度はコーヒーを楽しんでいます。
ただし、購入当初から金属フレームの一部に錆があり、ガラス部分に汚れが沈着していました。そこが唯一の不満で、星四つとさせて頂きます。

Amazon参考価格:2,864円


コーヒープレス_BODUM ボダム TRAVEL PRESS SET トラベルプレスセット フレンチプレス  K11102-01

Amazon参考価格:2,042円

外出先で、豆から入れるおいしいコーヒーは飲めないと諦めていませんか。トラベルプレスは、持ち運び可能なタンブラーに、フレンチプレスコーヒーメーカーと同じフィルターがついて外出先でもお湯の量と豆の量さえ合わせれば、簡単に淹れられます。ステンレス製の本体は、二層構造になっているので保温性にも優れ、飲み口にはキャップもついているので、朝の目覚めの一杯に、コーヒー片手に通勤される方に便利。カラーリング豊かなシリコンバンドは、持った時のすべり止めの役目も果たします。付属で、フィルターのついていないリッド(蓋)が付いているので、リッドを交換すればタンブラーとしても使用できます。完全密封ではないので、横にするとこぼれてしまう場合もあるので直立をキープしてください。
1 粗挽きに挽いた豆をトラベルプレスの中に入れます。豆の分量は、カップ1杯(120cc)に対して7gが目安。
2 その上から新鮮なお水で沸かしたお湯(90℃~96℃)を注ぎます。
3 マドラーなどで軽く混ぜフタをのせ、4分ゆっくりと抽出します。4分後、プランジャーを押し下げて出来上がり。
4 コーヒ豆の風味をすべて封じ込めた味わい深いコーヒーが出来上がります。

Amazon.co.jpが販売、発送する商品は日本正規販売品です。日本正規販売品であるという証に、日本語の取扱説明書が同梱されています。
サイズ:D90 x W80 x H170mm
重量:260g
容量:350ml
素材:本体=AS樹脂 / リッド、リッドキャップ、フィルタープレート=ポリプロピレン / リッドキャップモールド、リッドパッキン、ラバーバンド=熱可塑性エラストマー / フィルターメッシュ、ロッド=ステンレススチール / ナット=ポリアセタール+グラスファイバー / フィルターパッキン=シリコンゴム
生産国:ポルトガル
食器洗い乾燥機使用可能

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・豆の後処理がペーパードリップより少し面倒なのと、飲む時にたまに豆が少量混じりますが特に気にならなければありだと思います。
タンブラーはまぁまぁデカいです。
容量は350mlですが、下から2~3cm分は飲めないのでフレンチプレス時は300mlくらい?
通常の蓋もついてくるので普通のタンブラーとしても使えます。

Amazon参考価格:2,042円


コーヒープレス_パール金属(PEARL METAL) コーヒー プレス フレンチプレス  HB-552

Amazon参考価格:1,027円

●本格的なコーヒーが楽しめるフレンチプレス式
●フレンチプレスはコーヒー豆が熱湯に触れている時間が長く、また、金属製のメッシュフィルターを使うことでコーヒーオイルがフィルターに吸収されずにコーヒー豆のうまみと香りを味わえる
●ペーパーフィルター不要
●コーヒーカップ約2杯分

製品サイズ:(約)幅120×奥行85×高さ165mm
製品重量:(約)330g
材質:ガラス容器/熱湯用耐熱ガラス(耐熱温度差120度)、シャフト・シャフトナット・プレスフィルター/ステンレス鋼、ふた外側/ステンレス鋼(表面 焼付塗装)、ホルダー取っ手部/鉄(亜鉛めっき)、ホルダー底部/ステンレス鋼(表面 焼付塗装)、つまみ/亜鉛合金(表面 焼付塗装)、ふた内側/ポリプロピレン(耐熱温度120度)、取っ手カバー/シリコーンゴム(耐熱温度180度)
原産国:中国
実容量:350mL

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

フレンチプレスは初めてだったので、結構いろいろ検討して悩みましたが、まずはお試しということで決めました。

必要な条件(手入れのしやすさ、ほぼ下まできちんとプレスできる、注ぎ口に漉す機能がある、シンプルなデザイン)は充分満たしており、これにして良かったと思っています。
商品の臭いは、洗剤で洗いお湯を通したらすぐに気にならなくなりました。

早速、珈琲を入れてみたところ、なかなか美味しい!!!
先にお湯で温めておいたガラスカップに、コーヒースプーン2杯の粉を入れて少しのお湯でちょっと蒸らし、あとはお湯をMaxまで入れて約4分。
我流で淹れてみましたが、全体がぬるくなることもなく、まるでお店で出てくるようなマイルドで風味のある美味しい珈琲ができました。(ちなみに粉は、近所のスーパーで適当に買った豆をその場で粗挽きにしたものです)

Amazon参考価格:1,027円


コーヒープレス_POLIVIAR フレンチプレス  FPG10-JP

Amazon参考価格:3,699円

 

【おしゃれなデザイン】コスタイリッシュなコーティングが長持ち、人間工学に基づいたチークハンドルを採用します。ご家族、友だち、同僚、珈琲好きな方への贈り物におすすめです。キッチンで良いヘルパーとなります。
【二重構造&保温機能】断熱二重構造なので、長い時間でコーヒーやお茶の味を保つことができます。保温時間はガラス製より4倍長いです。お湯を入れた際に本体が熱くなりにくいため、安心にお使いいただけます。
【素晴らしい濾過システム】2層スチールメッシュフィルターと独特のばねを採用し、アロマオイルやフレーバーをコーヒー豆からプロの抽出を再現できます。豆の個性を引き出し、まろやかで良い香りや味わいなどフレンチプレス特有の風味が楽しめます。
【衛生的な安心素材】食品グレード18/8ステンレス鋼により、錆びにくく、耐久性抜群です。金属の味がなく珈琲の美味しさを存分に楽しめます。お手入れも簡単、自宅やオフィス用に最適。
【安心な品質保証】弊社からご購入いただいた製品は12か月の安心保証となります。何か不具合がございましたら、お気楽にお問い合わせください。お客様に最高品質の製品・サービスをお届けできるよう、Poliviarは日々努めて参ります。

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・スタイリッシュで優れたデザインのフレンチプレスコーヒーメーカーです。私は特にまだら仕上げが好きです。1リットルではかなり大きく、大きなバッチに最適です。内側のマーカーは、少量を作るのに役立ちます。真空壁と蓋はコーヒーを暖かく保ちます。私の唯一の懸念は、木製のハンドルはクールに見えますが、それは着用して裂けるのに耐えられないかもしれないということです-それに優しくしてください。次のキャンプ旅行でこれを使えるのを楽しみにしています!

Amazon参考価格:3,699円


コーヒープレス_HARIO(ハリオ) ハリオール・ブライトN コーヒー & ティー フレンチ プレス  日本製 THJN-2HSV

Amazon参考価格:2,133円

●押すだけで手軽にコーヒーを抽出できるフレンチプレス。
●フレンチプレスはポットに直接コーヒー粉を入れ、お湯を注いでフィルターを押すだけで深い風味のコーヒーに。
●温度・時間・量を一定にすることで、毎度ブレのない安定した抽出ができる。
●コーヒーの旨味のひとつであるコーヒーオイルを抽出可能。コーヒー本来の独特なアロマも愉しめる。
●プレス式ティーメーカーとしても使用可。紅茶はもちろん、ハーブティーなど茶葉の種類を問わず使用できる。

サイズ:幅11×奥行7.8×高さ17.9cm、口径7.3cm
本体重量:350g
本体/耐熱ガラス、フタ・シャフト・フィルター一式・ホルダー・ハンドル/ステンレス、フタツマミ/ポリプロピレン
原産国:日本
実用容量:300ml

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・無駄なフォルムがなくて安定感バッチリです。主に紅茶に使用してますが葉っぱもキレイに底に残りカップに移ることなく漉せます。珈琲も試しましたがこちらは若干珈琲の粉がカップに残りましたがあっさりとしたアメリカンタイプの珈琲が出来上がりました。消耗品等も豊富のようですので今後このシリーズに変えてみたいと思います。

Amazon参考価格:2,133円


 

 

おすすめコーヒープレス7選 まとめ

いかがでしたか?

おすすめコーヒープレスを使って在宅勤務期間を有意義に過ごしましょう!

  1. 在宅期間が増えた
  2. コスパの良いおすすめコーヒープレスが欲しい
  3. おすすめコーヒープレスを使って本格的なコーヒーが飲みたい

コスパの良いのおすすめココーヒープレスをお探しの方は是非参考にしてください!

【おしゃれ】おすすめコーヒーメーカー7選【口コミ・評判・まとめ】在宅勤務中にリフレッシュするためにおすすめのおしゃれなコーヒーメーカーを知りたいですか? 今回は高評価でおすすめのおしゃれなコーヒーメーカーを紹介します! 購入前に一度ご覧ください!...
コスパラボはこんなサイトを目指します
  1. コスパの良い商品を徹底した紹介
  2. 実際に良品を購入してレビュー
  3. 副業を始めたい方を全面サポート