コーヒー

【おしゃれに保存】おすすめのコーヒーキャニスター7選【口コミ・レビュー・評判】

お気に入りのコーヒー豆を鮮度良く保つためのコーヒーキャニスターをお探しですか?
美味しいコーヒーを楽しむためには必須のアイテムです。

そこで今回は、Amazon評価4以上の2021年おすすめのコーヒーキャニスターをご紹介します!誰もが知っているAmazonで高評価を受けている商品です!

その中でも口コミ評価の高いコーヒーキャニスターを厳選してご紹介します!

コーヒーキャニスターの選び方やおすすめを知りたい方は是非購入の際の参考にしてください。

【コスパで選ぶ】おすすめのコーヒー豆7選【口コミ・レビュー・評判】毎日コーヒーを飲む方はコスパの良い好みのコーヒー豆を見つけたいですよね? 今回は高評価のコスパの良いコーヒー豆をご紹介します。 是非購入の際の参考にしてください。...

目次の価格比較を押すと商品説明を飛ばすことができます。

すぐにコスパの良い商品をお探しの方は是非価格比較してください。

【初心者向け】コーヒーキャニスターの選び方

コーヒーキャニスターとは?

コーヒーキャニスターはコーヒー豆を保存するための収納容器。コーヒーの味にこだわりたい方はコーヒーキャニスターを使ってコーヒー豆の鮮度を維持しながら保存します。密閉性に優れた容器で、コーヒー豆の劣化を早める原因となってしまう湿気や酸素をシャットアウトすることで、内部の鮮度を維持できます。

コーヒーキャニスターは様々な種類や材質のものがあります。ガラス・プラスチック・金属・木・陶器・ホーローなど、素材にもさまざまな選択肢があります。おしゃれなデザインのモノが多く、見せる収納としても活躍するのが魅力。コーヒーキャニスターはキッチンのインテリアにこだわりのある方も、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーキャニスターの選び方

コーヒーキャニスターを選ぶ際は1日1杯のコーヒーを楽しむ方には、400gほどのコーヒー豆が入るモノがおすすめです。

コーヒー豆は空気に触れると酸化して味が落ちてしまうため、美味しさを維持したいのであれば、密封性の高さもチェックしておきたいです。

コーヒー豆は太陽の直射日光が当たる場所や光の影響を受けやすい場所では、遮光性の高いコーヒーキャニスターを使うようにしましょう。

  • 一日1杯コーヒーを楽しむなら400g程度の容量を選ぶ
  • シリコンパッキン付きを選ぶ
  • 遮光性の高いものを選ぶ

コーヒーキャニスターの種類

ガラス製 密封性に優れている

透明なので中身を見やすく、コーヒー豆の残量を確認しやすい

シンプルなデザインでインテリアになじみやすく価格の手頃

遮光性が低いため冷暗所に保管する必要がある

金属製 軽くて遮光性に優れている

シンプルなデザインのものが多い

金属特有の匂いがうつる場合がある

プラスチック製 軽くて使い勝手が良い

割れにくく安全性が高い

透明のものは遮光性がないため劣化してしまう

木製 ナチュラルなデザインが多い

湿度を一定に保つことができる

遮光性に優れている

陶器製 遮光性に優れている

経年劣化が起こりにくく、長年愛用できる

落下すると割れてしまう

ホーロー製 遮光性が高いうえにガラスコーティングで匂いもうつりにくい

価格が高め

 

コーヒーキャニスターの口コミ

 

早速Amazonで買えるおしゃれなコーヒーキャニスターをご紹介します。

【おしゃれ】おすすめのコーヒーキャニスター7選

HARIO_コーヒーキャニスター MCN-200B

Amazon参考価格:632円

出典:Amazon.co.jp

シリコンパッキン使用でフタがしっかり閉まり湿気に強く豆の酸化も防ぐことができるコーヒーキャニスター。フタツマミを上下に操作するだけで簡単に開閉ができるのが魅力。コーヒー粉容量は約200g保存することができるので使い勝手の良いサイズ感です。透明で中の素材がそのままディスプレイになるため残量も一目でわかってとっても便利。

出典:Amazon.co.jp

Amazonレビュー抜粋

・一杯抽出型のドリップコーヒーしか飲んでいませんでしたが、粉を買って本格的にドリッパーで淹れ始めたのでこちらの商品を購入しました。
ケースはガラス製でけっこうずっしりとしています。また、蓋とケースを固定するゴムは蓋側に全てついているので、ガラス側にはゴム等何もついていません。それが故に、間口が広くて粉も取り出しやすくなっています。
実際にレギュラーコーヒー(粉)を入れてみると、メーカーが示す容量通り200gが丁度収まり、小さめのメジャースプーンも一緒に入ります。それ以上は250g位までなら何とか入りますが、300gは無理でした。
コーヒーキャニスターという商品名の通り、コーヒー豆や粉を入れることをよく考えて作られていて、お勧めです。

Amazon参考価格:632円


Kalita (カリタ)_コーヒーキャニスター コーヒー豆約300g

Amazon参考価格:1,173円

出典:Amazon.co.jp

抗菌パッキンで衛生的なコーヒーキャニスター。広口だから簡単にお手入れできます。ガラス製で匂い移りが少ない上に、フタが透明で中身が見えるのが魅力。専用メジャーカップ付きでコーヒーの計量に便利です。専用メジャーカップは約10gを計量することができます。

出典:Amazon.co.jp

Amazonレビュー抜粋

・コーヒー豆の保管用として購入。
とてもきれいな容器で中身がよく見えます。蓋の開け締めの取り扱いもしやすいです。
全般的になんら不具合なくとても良い商品です。
挽く前のコーヒー豆を入れていますが、紫外線を避けるため暗いところで保管しています。
付属のスプーン一杯の豆は約80粒ありました。コーヒー1杯には少し多いかなと思います。ちなみにベートーベンは60粒を用いたようです。
密閉機能も高いようですから、他の食品保存用としてもとても重宝するいい商品です。おすすめです。

Amazon参考価格:1,173円


ZEROJAPAN_コーヒーキャニスター CO-200

Amazon参考価格:2,420円

出典:Amazon.co.jp

シンプルで機能的で使い勝手のいい丸型のコーヒーキャニスター。コーヒー豆約250gの保存が可能です。フタにはシリコンパッキンがついているので、密閉性抜群なのが魅力。

美濃焼の長い歴史の中で培われた技術による確かな品質、見た目はシンプルでありながらステンレスや木などの他素材と融合により生まれる、モダンで洗練されたイメージが特徴です。

出典:Amazon.co.jp

Amazonレビュー抜粋

・挽いた粉状であれば250g入ると書いてあるが、実際には200gがちょうど入るくらいです
モノグサな私はコーヒー粉と軽量スプーンを一緒に入れたかったのですが…200gだと入りませんでした
密閉度は申し分ありませんので製品としては満点です!

Amazon参考価格:2,420円


カリタ Kalita_コーヒーキャニスター #44284

Amazon参考価格:2,980円

出典:Amazon.co.jp

新潟県燕市という金属洋食器国内最大の産地で培われた知識と技をベースに、使いやすさを追求し細部までこだわったコーヒーキャニスター密封度が高く、コーヒー豆の香りが外部に逃げないように、木製のフタにパッキンを付属しています。

出典:Amazon.co.jp

Amazonレビュー抜粋

・以前はプラスチック製を使用していましたが,数回使用後に柄の部分が折れてしまい,もったいないので折れたままスプーンをつまんで袋に手を突っ込んでコーヒーをすくっていました.この商品を買ってから安心してコーヒーがすくえます.また,プラスチックよりスプーンの壁に着くコーヒーも少ないと思います.

Amazon参考価格:2,980円


ALPS_コーヒーキャニスター 1500ml

Amazon参考価格:2,998円

出典:Amazon.co.jp

コーヒー豆の敵である水分、熱、紫外線、酸素、そして、バルブが有害な二酸化炭素を外に放出するコーヒーキャニスターコーヒー豆の大切な香りを閉じ込めて外に逃がしません。
蓋に日付が表示できるのでコーヒー豆を開封した日を忘れずにすみます。現代の細かいブラッシュ加工、物を配置するときに内壁を傷つけにくい、表面は滑らか、清掃も楽です。

出典:Amazon.co.jp

Amazonレビュー抜粋

・コーヒー豆(挽いた豆)の保管に使っていますが、開閉も楽だし、計量スプーンを脇にさしておけるのでとても使いやすいです。
新しい袋を開けた日をダイヤルでセットできるので、消費の目処がついて便利です。

Amazon参考価格:2,998円


パール金属_コーヒーキャニスター HB-3798

Amazon参考価格:1,322円

出典:Amazon.co.jp

ニオイ移りしにくく、耐久性に優れたステンレス製のコーヒーキャニスター。開閉しやすいロック式でフタは中身の見える透明プラスチック製なのが魅力。約400gのコーヒー豆の粉をほかんすることができます。

出典:Amazon.co.jp

Amazonレビュー抜粋

・1100mlを購入したのですが、400gのコーヒー豆の粉がギリギリ入る感じです。
使いやすく場所もあまり取らないので気に入りました。

Amazon参考価格:1,322円


HAILIX_コーヒーキャニスター 1500ML

Amazon参考価格:2,850円

出典:Amazon.co.jp

高品質のステンレス素材で作られた耐久性に優れたコーヒーキャニスター。タンクの口はスチール製のリムで補強されており、快適で耐久性があり、丈夫で落下防止します。密閉性が向上させます。環境にも優しいのが魅力。

出典:Amazon.co.jp

Amazon参考価格:2,850円


コーヒーキャニスターの価格比較

※あくまで参考価格になりますので、実際の販売画面でご確認ください。
商品名をクリックするとAmazonに飛びます。

HARIO MCN-200B 632円
Kalita (カリタ) 1,173円
パール金属 HB-3798 1,322円
ZEROJAPAN CO-200 2,420円
HAILIX 1500ML 2,850円
カリタ Kalita #44284 2,980円
ALPS 1500ml 2,998円

コーヒーキャニスターの売れ筋ランキング

コーヒーキャニスターのamazonの売れ筋ランキングはこちらです。

【おしゃれ】おすすめのコーヒーキャニスター7選 まとめ

いかがでしたか?

今回は、おすすめのコーヒーキャニスターをご紹介しました!

コーヒーキャニスターをお探しの方は是非参考にしてください!