冬キャンプ

【冬キャンプ│コールマン】冬用シュラフ(寝袋)5選【口コミ・評判・まとめ】

ふえるのびる
ふえるのびる
こんにちわ。ふえるのびる@fuerunobiruです。

冬でもキャンプで楽しみたいから必需品をコスパ良く揃えたくありませんか?

今回は、Amazon評価4以上のコールマンの冬用シュラフ(寝袋)を紹介します!

誰もが知っているAmazonで高評価を受けている商品です!

今回は、その中でもコスパ最強のコールマンの冬用シュラフ(寝袋)を紹介します!

コールマンの冬用シュラフ(寝袋)を使って冬用キャンプを充実させましょう!

  1. 冬でもキャンプを楽しみたい
  2. コスパ良く良品を揃えたい
  3. 安かろう悪かろうは嫌だ

コスパの良いのコールマンの冬用シュラフ(寝袋)をお探しの方は是非参考にしてください!

こんな人におすすめの記事です

・安心できるコスパの良いコールマンの冬用シュラフ(寝袋)を探している

・Amazonで買い物して失敗したことがある

・結局Amazonで買い物をしちゃう

一つでもあてはまった方は是非ご覧ください。

【10,000円以内で買える】高評価イヤホンBEST3【口コミ・評判・まとめ】コスパ最強のワイヤレスイヤホンが欲しい! そんな方に高評価のワイヤレスイヤホンをまとめました! 是非ご覧ください!...

コールマンの冬用シュラフ(寝袋)を買うならAmazonプライムがおすすめ

 

ダウンロード

引用元:公式ページ

お得にamazonを利用するためには、Amazon prime menber(プライム会員)になることがおすすめです。

しかもAmazonでは年に大きなセールが2回あり、さらに頻繁にタイムセールも開催しています。

それらに、簡単に参加するためにもAmazon prime menber(プライム会員)」になることを強くお勧めします。

Amazonプライム会員提供サービス一覧

・ 送料無料(通常は2,000円以上の買物で送料無料)

・ Amazon Music で音楽聴き放題※約200万曲

・ プライムビデオで動画見放題※約14,000本

・ Prime Readingで本読み放題※和書12万冊、洋書120万冊以上

・ 他にもたくさんのサービスあり

Amazonプライム無料会員登録はこちら

冬キャンプ用シュラフ(寝袋)が必要な理由

  1. 春・夏用の寝袋で冬キャンプをすると一睡も出来ずに朝を迎える可能性がある
  2. キャンプ用だけではなく災害時にも使える

冬キャンプ用シュラフ(寝袋)のおすすめブランド:コールマンとは

コールマン(Coleman)

1899年にW.C. Colemanが設立し、アウトドア用品全般のブランドとして成長。
アウトドアブランドとして、今も世界でトップを走り続けています。
高機能でおしゃれなデザインのアウトドアギアはもちろんのこと、バックパックも人気が出てきています。

現在では初心者に寄り添ったラインから、年中キャンプを満喫できるマスターシリーズまで日本のキャンパーのために開発された豊富なラインナップを展開し、日本のアウトドアマーケットを牽引しています。

コールマンの冬キャンプ用シュラフ(寝袋)5選

コールマン(Coleman)冬用シュラフ(寝袋)_大人用寝袋(マミー型)

Amazon参考価格:8,100円

Aロード0 °マザーズバッグでのもない価格で提供します。Coleman北の縁の0度の寝袋は、すべてのフィーチャーに期待されるその他の技術的なスリーピングバッグ。ダブルバット、オフセットキルト建設潜在的なコールドスポット。半彫りのあるフードで頭の周りを囲む暖かさ。絶縁胸バッフルの熱を保持しボディバッグを構成しました。ボックス足のドル札シルエット枚フィート追加のウィグルの部屋です。フルの長さ、絶縁されたドラフトチューブロックアウト冷える下書き。2ウェイのファスナーで最大換気。スタッフサックが付属します5年間の限定保証が付いています。商業洗濯機洗い可。

適温レベル:-18度~
2wayジッパー採用 収納袋付き
サイズ:約208cm x 81cm
MADE IN CHINA

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・信じればきっといつか収納できる…、そう信じていた時期が僕にもありました。

他の方のレビューにもありますが、とにかく収納が大変です(笑)。圧縮しながら巻いたシュラフを、さらに馬乗りになって押し潰しながら袋を被せていくと、まあ、何とか収まります。

肝心の寝心地、保温力は最高です。化繊で嵩張りはしますが、重さは化繊の割には意外と重くないです。そしてぬくい。さすがコールマン。

Amazon参考価格:8,100円


コールマン(Coleman)冬用シュラフ(寝袋)_アドベンチャーススリーピングバッグ 封筒型

Amazon参考価格:7,577円

ミニバン車中泊にピッタリなスリーピングバッグ
■車中泊に使える ミニバンにピッタリ収まるスリーピングバッグ

■別売のアドベンチャークイックベッドと組み合わせて使えば、快適な就寝スペースを生み出す

■出し入れ簡単、車内にもフィットするクッション型ケース付き

生産国:中国
サイズ:使用時/約150×190cm、分割使用時/約75×190cm、収納時/約27×27×38cm
重量:約1.7kg×2(3.4kg)
材質:表地、裏地、中綿/ポリエステル
快適温度:5度から
使用可能温度:0度
付属品:収納ケース
仕様:ロールコントロール、連結可能、丸洗いOK

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・買い足し買い足しで6枚(3セット)購入、
気温何度まで使用できるとかの表示はメーカーによって基準が異なると思う。
同じ材質なら重量を参考にするべきかと思う。
この商品は5-10月の敷 掛 に使用して、寒い時期はもっと厚手を掛に使用し、コレを敷布団にしている。
ある意味オールシーズンである。コスパは非常に良い。
コレより安価なモノは肌触りがビニール過ぎてムリ。

Amazon参考価格:7,577円


コールマン(Coleman)冬用シュラフ(寝袋)_寝袋 マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777

Amazon参考価格:18,000円

キャンプを楽しむ上で快適な睡眠に必要な寝袋(スリーピングバッグ)
大自然の中では外気温に左右されますので、その日の外気温に合わせた寝袋を揃えると朝まで快適に過ごせます。しかし、日本は四季があり朝晩の気温が異なり、またキャンプ場の標高によって気温が変動します。

今回は季節気温に合わせた寝袋の選び方と、季節を選ばず活躍してくれる商品の寝袋のご紹介。

4シーズン対応のスリーピングバッグ
3つのレイヤーを組み合わせても分割しても使用可能
使用時サイズ:約 90×200cm
収納時サイズ:約52×29×38cm
重量:4.9kg
材質:表地/ポリエステル 裏地/ポリエステル 中綿/ポリエステル
付属品:収納ケース

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・この商品購入以前は、ロゴスの寝袋を使用していました。セパレータータイプで温度調整ができ、かつ封筒型でゆったり入れるのは良かったのですが、ワシャワシャしたナイロン特有の感触が苦手でなかなか眠れないのが悩みの種で、ソロのオートキャンプしかしないので、思い切って布団を持ち込みようやく爆睡できるようにはなったのですが、やはり場所をとることと、湿気の問題に直面し、なにか間をとっていい商品はないかと探した結果、こちらに行きつきました。
はっきりいって、通常の寝袋サイズと比べて、2~3倍ほど大きく、キャンプ時の運搬も、自宅での保管もそれなりのスペースを必要とします。私の場合は、そもそも布団を持ち込んでいたくらいなので、布団にくらべたら1/2サイズとコンパクト化できること、触り心地が普通の布団にちかく、ナイロンっぽくないことで睡眠環境として最適だったので、文句なしの☆5です。万人受けするタイプの寝袋ではありませんが、私のように睡眠を重視し、少人数でのオートキャンプしかしない方にはおすすめです。セパレートできるので、季節に合わせて温度調節も可能です。
難点を挙げれば撤収時にかなり嵩張り、圧縮に手間取ります。実際私も初めて使ったときは、うまく丸められず、袋からはみ出した状態で持ち帰りました。対策として、100円ショップダイソーで、「荷締めベルト」なるものを2本購入しました。バックル部分が金属で壊れにくく、ストッパーを上げながらベルトを通して引っ張るだけなので、力のない人でも簡単に止められ、また外すときも、バックルのストッパーを上げて、ベルトを引き抜くだけなので簡単です。長さも2mあるので余裕でまとめられました。
買ってよかったギアの一つになりました。

Amazon参考価格:18,000円


コールマン(Coleman)冬用シュラフ(寝袋)_コルネットストレッチ2 マミー型

Amazon参考価格:10,426円

寝袋 コルネットストレッチ2 L0 使用可能温度0度 マミー型 カーキ
ストレッチ性がよく、心地よいフィット感を実現。

サイズ:使用時/約205×55~82cm、収納時/約直径34×20cm
重量:約1.3kg
材質:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
使用下限温度:0度以上
付属品:収納ケース

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・3月に服を着込み、ホッカイロを貼り、夏用シュラフを使いましたが、寒すぎてほとんど寝れませんでした。
一緒に行った友達は数万する寝袋で寝てましたが、暑すぎて服を脱いだと言われ、寝袋の差を驚愕しました…。

準備不足を反省し、こちらの寝袋を買い、4月にふもとっぱらへ行きましたが、朝までぐっすりでした。
冬キャンプだとこれ1つでは寒いと思いますが、春秋用では十分です。
Colemanはサイズが大きいイメージがありますが、思ったより小さいサイズで収納も邪魔になりません。

Amazon参考価格:10,426円


コールマン(Coleman)冬用シュラフ(寝袋)_SILVERTON (シルバートン ) 寝袋 最適温度 -17.8 ℃ 188cmまで対応

Amazon参考価格:13,500円

 

サイズ 約81.3×208.3cm (収納時:約43×32×32cm)
重量 約2.63kg
素材 ポリエステル
最適温度 -17.8℃以上

引用元:公式ページ

レビュー抜粋

・私はスノーボードが趣味で、シーズンになると、土日はほぼ車中泊をしています。
この三日間、この寝袋を使用しました。
場所は新潟県の道の駅。外の気温は-2℃。車内を暖めた後、車のエンジンを切って就寝しました。
窓には断熱材を貼って、熱を逃がさないようにしています。
服装は、Tシャツとパンツ。上下のウインドブレーカー。で、寝ました。
快適。寒くない。チャックを開けても、寒くない。このような結果となりました。
かさばるか、と言われると、うーん……という感じです。
私からすると、お買い得だと思います。

Amazon参考価格:13,500円


コールマンの冬キャンプ用シュラフ(寝袋)5選

いかがでしたか?

コールマンの冬用シュラフ(寝袋)を使って冬用キャンプを充実させましょう!

  1. 冬でもキャンプを楽しみたい
  2. コスパ良く良品を揃えたい
  3. 安かろう悪かろうは嫌だ

コスパの良いのコールマンの冬用シュラフ(寝袋)をお探しの方は是非参考にしてください!

【冬キャンプ│必需品】おすすめ冬用シュラフ(寝袋)7選【口コミ・評判・まとめ】冬キャンプの必需品であるコスパの良いおすすめ冬用シェラフ(寝袋)を知りたいですか? 今回は10,000円以下で買えるおすすめの冬用シェラフ(寝袋)を紹介します! 買う前に一度ご覧になってください!...
すぐにブログを始めて収益化したい方はこちら

 

まずはドメイン取得は老舗のお名前.comで決まり!


お名前.com

ブログを始めるためのレンタルサーバーなら、僕も使っているエックスサーバーがおすすめです!



エックスサーバー

僕のおすすめのASPは『もしもアフィリエイト』です!このサイトも『もしもアフィリエイト』を使っています!簡単に無料登録できるので、サイトをチェック!

 

 

もしもアフィリエイト無料登録

『ココナラ』なら簡単にロゴやアイコン作成できます!僕のTwitter画像も『ココナラ』で作成してもらいました!まずは無料会員登録しましょう



簡単!無料会員登録はこちら